熟女 人妻 動画

熟女・人妻で抜く!

飛田新地


飛田新地という場所をご存じ?大阪では知らない人はいないと言われる大人の遊び場。要するに”遊郭”。平成の時代に”遊郭”なんて何だかイイ響きじゃないだろうか。

 

大正時代に建てられた日本最大級の遊廓が今でも残り、日本最後の遊郭と呼ばれる風俗街は大正、昭和の30年代にタイムスリップしたような場所で”ちょんの間”が存在しているのだ(ちなみに”ちょんの間”とは20~30分で本番プレイができる店)。

 

昭和33年に売春防止法が施行されたのに飛田新地が遊郭として存続できるのは「料理店」として営業許可を取得しているため。厳密に言うと飛田新地にある店は料亭なのだ。料亭に来た客が仲居さんと恋に落ち、店の中で男女の関係になってしまうという「客と店員よる自由恋愛」の場所という建前の上に成り立っている。なので飛田新地を管理しているのは「飛田料理組合」というわけ。

 

平成の現代にこんな男女の色恋を >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき

【喜劇新思想体系】山上たつひこの昭和の名作ギャグ・エロ漫画


暑くなってくると身体がダルくなってヤル気を無くすんだけど、皆さんオナニーは励んでおりますか?身体はダルくても汗だらけでオナニーする、管理人のぬく蔵です。

 

暑いんだけど本が山積の状態だったんで、以前から「何とかせねば」と思っていたので、重い腰を上げて少しだけ部屋の整理をしたんだけど、昔買って片付けてあった本がいろいろ出てきたんで「あ~こんな本も買ったな」なんて懐かしさに浸りながら読み始めてしまい片付け作業が中断(汗)。

 

そんな中で久しぶりに見付けて読んでしまったのが”喜劇新思想体系”というギャグ漫画の全6巻、作者は”山上たつひこ”。初めて読んだのが40年近く前になるだろうか?若い世代の人だと”喜劇新思想体系”とか”山上たつひこ”と言われても???かも知れない。”山上たつひこ”というと大ブレイクしたんで”がきデカ”が一般的には有名なんだけど、”喜劇新思想体系”は”がきデカ”より前に発表された知る人ぞ知る名作な >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき

安くてウマい昭和レトロ感のある食堂がお気に入り


テレビを見ていると「食い物系」の番組っていうのが多い気がするんだけど、制作する側も比較的楽なんだろうか?芸人が”名店”とか”行列できる店”なんていう店に行って「うめ~」「こんなの食ったことない!」とか何とか言ってりゃ~一応は番組としては成り立つんでね。

 

多少の好みはあれど食べ物には執着がない自分にとっては、飯を食うために”行列に並ぶ”なんて事は考えられないんだけど、行列ができると言われている店が本当に美味いかどうかは分からない。行列ができるぐらいならテレビで紹介したりすると常連の客が益々入りにくくなってしまうんで、テレビとかで宣伝するのは違和感を感じてしまう。それにラーメン1つとっても「ウチのスープは〇○や〇○から出汁を取ってて・・」なんて感じで拘り感を強調する店も疲れる。値段もその分高くなるしね。

 

自分の場合は店に入るとタイムスリップしたような気分になれる昭和の雰囲気が残る気に入っている食堂があるのだけ >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき

膣外射精の安全度とかってどうなの?


妊娠しちゃーまずい場合はセックスする時に一応は避妊するとは思うんだけど「コンドームは好きじゃない、生で膣外射精だぜよ!」なんて生の外出しフィニッシュにこだわる人もいる。

 

エロ動画見てる人は男優に影響を受けて膣外射精する際に射精寸前より少し前にチンコを抜いて、手でシコシコしながら顔にぶっかけるなんて事に快感を感じて人もいるんじゃないだろうか。あれはね~実際には女性は勘弁して欲しいと思ってる人が多いらしく、エロ動画を紹介してる自分が言うのも何だけど「エロ動画の見過ぎ」って感じ(笑)。

 

そりゃ~ザーメンが目に入ったり髪の毛に付いたり・・あんなモンが顔にぶっかけられたら堪ったもんじゃないだろうね。彼氏がどうしても「顔射したい」っていうんでセックスの際に、髪にザーメンをぶっかけられてもいいように頭に被り物したり、眼に入らないように水泳用のゴーグルしたり・・なんて事をしてる女も子もいたりするようなのだ。(ゴーグルやっ >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき

射精は健康にイイ、目指せ1ケ月に21回以上!・・楽勝(笑)


オナニー先進国?のアメリカでは”オナニーは極々普通のノーマルな行為である”ということを言われているそうなんだけど(別にアメリカじゃなくても分かりきった話なんだけどね)。

 

今回は改めて「オナニーして射精しまくろう」って話。このサイトを見てくれてる人なら既に知っていると思うけど射精に関して興味深い話があって、ハーバード大学の調査らしいんだけど1ケ月に21回以上の男は、それより少ない男と比較して前立腺ガンになるリスクが減るという話をマジメに発表もしている。なんつってもハーバードですからね・・射精がイイって事はオナニーの必要性というは健康面からも実証されているって事になる。セックスで射精もいいんだけど、オナニーの手軽さはやはり素晴らしい。

 

自分の場合は1ケ月で射精が21回なんて数字は笑っちゃうぐらい少ないんで、前立腺ガンになるリスクは人一倍少ないという事になる。多分このサイト見てくれている熟女好きなエロ男子なら1 >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき

スーパーで人妻の会話がエロく感じてしまった


先日、スーパーに買い物に行った時の話。

 

自分の近くで商品を見ていた奥さんがいて、雰囲気からすると30歳ぐらいの奥さんだと思うんだけど、携帯で夕飯のメニューについて相談している様子で楽しそうに話していた。

 

「もしもし、今ね~〇○に来てるんだけど今日の夜だけど何食べたい?」とか話をしていて夕食のメニューが決まったのか、携帯片手に食材をアレコレと選らんでいた。

 

ま~スーパーとかに行けば普通に見かける光景なんですが、奥さんがチクワを手に取りまして電話の相手に「ちょっと太めで美味しそうなチクワがあるんだけど、2、3本なら入りそうなんだけど」なんて言うもんだからドキッとしてしまった。

 

何かの料理に入れるつもりで言ったんで、奥さん本人は下ネタのつもりで言ったわけじゃないのは分かるんだけど、聞かされた自分としては、「チクワが2,3本入りそ >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき

心理学的に女性を口説く?


突然ですけどペルソナって知ってますか?心理学的なモノなんですが(このサイトで心理学なんて言ってもですね説得力ないと思いますけど・・)少々お付き合いを^^。

 

人間は自分の本性を隠すために仮面を被っていて、その仮面を「ペルソナ」と言うそうで、語源は古代ギリシャの舞台劇で被る仮面(ペルソナ)から来ているとの事。

 

今回は、このペルソナを理解して「女性を口説きましょう」って話。例えば、いつも明るく振舞っているような女性がいて、そういう女性というのは意外と「自分は本当は暗い」とか、「鬱っぽい傾向がある」」だったりとかの場合が多いそう。そういう女性というのは自分の本当のマイナスのイメージを周囲に見られたくなくて「明るい女性」を演じるための仮面(ペルソナ)を被っているというわけ。

 

そこで「明るい女性」を演じるための仮面(ペルソナ)を外してあげると、女性は外した男にグッとくるらしく >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき

最近の週刊誌ってエロ雑誌化してる?


本屋に行くのが殆ど日課になっていて、もちろん本はネットで買うこともあるんだが、やはりリアルの本屋は楽しい。しかし最近、本屋に行って思うのがオヤジ系の週刊誌の表紙の記事の見出しタイトルが何だかエロいんじゃないかと思う。セックスやら、性、女性器とかに関する記事が毎週のように掲載されているんじゃないかと思う。自分が好きなこともあるんで目に付くんだろうけど熟女とか中高年の性に関する内容が実にエロいんじゃないだろうか。

 

少し前までは袋閉じが気になって買って(殆どは期待外れ)家まで待ちきれずに車の中で開けてしまうというパターンだったんだけども、今は袋とじには「もう騙されんぞ~」なんて頭の中で言って目もくれず(多少気にはなる?)活字の性描写の方が興奮するぐらいで熟女AV女優のプライベートセックスなんていうのも面白かった。大好きなAV女優さんもいたんでね。グラビアは見飽きた感があるんだけども、週刊誌のエロ記事やタイトルだけで抜けるんじゃないだろうか(笑)。なかな >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき

懐かしのレンタルビデオショップでの恥ずかし体験


熟女・人妻と聞くだけで身体に電気が走ってしまうような(笑)エロ男がこんなサイトを立ち上げてしまったわけなんだけども、思えば昔日活ロマンポルノなんてあって、日活がエロ路線に移ってからの最初の作品というのが「団地妻 昼下がりの情事」なんていうタイトルって、やはり今も昔も熟女というワードは鉄板ですな。

 

今は熟女好きのお笑い芸人とかが登場しアーダ、コーダ言ってますんで熟女や人妻というワードが随分と賑わっているようだけど、エロの世界では超メジャーなワードなんでね~ビデオ全盛の時代は日活ロマンポルノの「団地妻シリーズ」とか熟女モンのビデオを借りて来て随分とお世話になったもんだ。

 

今回は今のようにインターネットでエロ動画を見るような時代じゃなくて、しかもDVDじゃなくてレンタルビデオの時代の話。

 

レンタルビデオショップに行ってレジが3~4つあって1つだけ若い女の子の店員で他は男 >>> 続きを読む

 

管理人のつぶやき